コンテンツにスキップする

【米国市況】株反発、5週ぶり大幅高-引き締めは漸進的との見方

更新日時

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

21日の米株式相場は反発。S&P500種株価指数は5週間ぶりの大幅高となった。米金融当局のタカ派転換に対する懸念はあるが、政策引き締めは漸進的なペースになるとの観測が広がった。

  • 米国株はエネルギー・金融・資本財の上げ目立つ-ダウ586ドル高
  • 米国債は下落、10年債利回り1.49%
  • ドル下落、対円では110円前半-リスクセンチメント回復
  • NY原油1カ月ぶり大幅高、ドル安と米在庫の一段の減少意識
  • NY金相場は反発、先週の大幅安を受けた押し目買いで

  市場はやや落ち着きを取り戻し、リスク資産が持ち直した。S&P500種ではエネルギーや金融、資本財銘柄の上昇が目立った。一方、テクノロジー株は比較的小幅な伸びにとどまった。小型株で構成するラッセル2000指数は2%超の値上がり。

  アマゾン・ドット・コムは下落。同社はプライム会員向けセール「プライムデー」を開始したが、輸送コスト上昇などを背景に販売業者は値引きを抑えている。

  S&P500種は前週末比1.4%高の4224.79。ダウ工業株30種平均は586.89ドル(1.8%)高の33876.97ドル。ナスダック総合指数は0.8%上昇。ニューヨーク時間午後4時59分現在、米10年債利回りは5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.49%。

  ダラス連銀のカプラン総裁は資産購入の縮小プロセスを「割合すぐにでも」始めるのが望ましいと述べたほか、セントルイス連銀のブラード総裁は当局者らがテーパリング(段階的縮小)の議論を始めたのは「適切」との考えを示した。一方、ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は最近のインフレ率上昇について、引き続き一時的な現象としてみていると話した。

  チャールズ・シュワブのチーフ・グローバル投資ストラテジスト、ジェフリー・クライントップ氏は、新型コロナウイルス流行が始まった当時に政策緩和を急いだのに比べれば、政策引き締めはかなり緩やかなペースになるだろうと指摘。「金利の引き上げはかなり漸進的なものになる可能性があり、景気敏感株のパフォーマンスが好調となるかもしれない」と述べた。

Cyclical stocks jump after last week's rout

  外国為替市場ではドルが下落し、ドル指数は4日以来の大幅安となった。米金融当局者らが利上げに関するトーンを抑えるとの観測が背景。商品価格が安定化したこともドル売り要因となった。一方、ポンドは上昇。ジョンソン英首相は、イングランドが7月19日までのコロナ対策制限措置解除に向け順調に進んでいるとの考えを示した。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.4%低下。ドルは対円では0.1%高の1ドル=110円27銭。ユーロは対ドルで0.5%高の1ユーロ=1.1919ドル。ポンドは対ドルで0.9%高の1ポンド=1.3934ドル。

  ニューヨーク原油先物相場は続伸し、この1カ月で最大の上げとなった。ドルの下落や米最大の原油貯蔵施設での一段の在庫減少見通しが材料視された。データ提供会社ジェンスケープは、オクラホマ州クッシングでの在庫が先週に260万バレル減少したと報告。同報告について知る関係者が明らかにした。クッシングの在庫はすでに2020年3月以降で最低水準に落ち込んでいる。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物7月限は2.02ドル(2.8%)高の1バレル=73.66ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント8月限は1.39ドル高の74.90ドル。

  ニューヨーク金相場は反発。スポット価格は先週、週間ベースで6%安と2020年3月以来の大幅下落となっていただけに、一部投資家による押し目買いが優勢となった。スポット相場はニューヨーク時間午後1時49分現在、1.1%高の1オンス=1783.22ドル。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は前週末比0.8%高の1782.90ドルで終えた。

原題:Stocks Stage Comeback With Revival of Value Trade: Markets Wrap(抜粋)

Dollar Weakens as Risk Sentiment Returns to Markets: Inside G-10(抜粋)

Oil Advances Most in a Month With Key Oil Spreads Surging(抜粋)

Gold Gains as Biggest Weekly Loss in 15 Months Lures Investors(抜粋)

(相場を更新し、市場関係者のコメントなどを追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE