コンテンツにスキップする

今年快進撃の分散型金融、一部が50%超下落-ビットコインも安い

暗号資産(仮想通貨)に売りが広がっている。中でも分散型金融(DeFi)と分類される金融アプリケーションの相場下落が加速し、一部は50%余り値下がりした。

  DeFiは今年最も猛烈な上昇を見せていた暗号資産分野の一つ。コインマーケットキャップ・ドット・コムのデータによると、ギャラクシアムやクリプト・ビレッジ・アクセラレータは米東部時間18日午後1時すぎまでの24時間にそれぞれ50%を超える下落に見舞われた。

  「DeFiは今回の暗号資産の強気相場でバリュエーションへの疑問が集中していた部分だ。2017年のイニシャル・コイン・オファリング(ICO、新規仮想通貨公開)ブームでの現象に似ている」と、FRNTファイナンシャルのステファン・ウーレット最高経営責任者(CEO)は指摘した。

  その他の暗号資産も売られ、ビットコインは一時前日比3.9%安の3万6295ドル。ビットコインやイーサ、ライトコインなど主要仮想通貨の値動きを示すブルームバーグ・ギャラクシー・クリプト指数は一時4.5%低下した。

原題:DeFi Crash Accelerates With Some Once-Hot Investments Losing 50%(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE