コンテンツにスキップする
Photographer: Paul Yeung/Bloomberg
cojp

アップルサプライヤーの伯恩、最大20億ドルの香港IPO検討-関係者

アップルの「iPhone(アイフォーン)」向けガラススクリーンを手掛ける伯恩光学は、香港で最大20億ドル(約2200億円)規模の新規株式公開(IPO)を計画している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  非公開情報であることを理由に同関係者が匿名で語ったところでは、同社はIPOに向け中国国際金融(CICC)やHSBCホールディングスJPモルガン・チェースと共に作業を進めており、近く上場申請書を提出する予定。IPO規模については10億-20億ドルとなる可能性があるが、まだ最終決定はされていないという。

  協議は進行中で、参加する銀行が増えることもあり得ると関係者は話している。伯恩の担当者にコメントを求めたが、すぐには得られなかった。CICCとHSBC、JPモルガンの担当者はいずれもコメントを控えた。

原題:
Apple Supplier Biel Said to Weigh Up to $2 Billion Hong Kong IPO(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE