コンテンツにスキップする

コロナ禍の東京五輪、異例の制約下で開催へ-選手は逆境乗り越え挑戦

  • 女子飛び込みのマレーシア代表、1年間家族に会っていない
  • 選手は70ページのコロナ対策指針「プレーブック」に従う必要

マレーシアのベテラン飛び込み選手、パンデレラ・リノン選手(28)はこれまで五輪に3回出場し、競技スポーツの厳しさには慣れていた。しかし、来月の東京五輪への準備の日々はこれまで全く経験したことがないものだった。

  パンデレラ選手は新型コロナウイルス感染防止のため、外部から隔離された環境で練習しており、家族にも1年間会っていない。クアラルンプールでの生活は練習施設と自宅の往復だ。感染の可能性がある外部の人との接触を最小限にするため、自宅まで徒歩3分でも移動用の車両を利用しなければならない。一緒に行動するのは仲間のアスリートだけだ。

DIVING-WORLD-2019

パンデレラ・リノン選手(2019年世界選手権)

  「こうした隔離された状況で練習するのはあまり健康的ではない」とパンデレラ選手は話す。「ほとんど室内だけで練習しており、施設を離れることもできない」という。同選手は女子10メートル飛び込みの現世界チャンピオンで、五輪で2個のメダルを獲得している。

  パンデレラ選手は7月23日から開催予定の五輪に出場するために近く東京に到着する1万1000人のアスリートの1人だ。

  今年の東京五輪・パラリンピックを目指してきたアスリートにとって、出場への道のりは長く不確実性に満ちた厳しいものだった。その上に、大会そのものも通常とは違って活気がないものとなり、勝利した後もお祭り騒ぎなどはできず、海外からは家族も応援には来られない可能性が高い。

東京五輪の観客数、政府方針に基づき決定へ-期間中は1万人

National Stadium in Tokyo

東京五輪テスト大会(国立競技場、5月9日)

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

  その代わりに選手を出迎えるパッケージの1つが、選手および関係者向けの新型コロナ対策指針をまとめた70ページの「プレーブック」だ。プレーブックで規定されたルールに従わない場合、罰金など罰則の対象となる可能性がある。選手は日本到着後に3日間隔離を義務付けられるほか、毎日検査を受ける必要がある。また、最後の競技から48時間以内に日本を出国しなければならない。

  ただ、コロナ禍での五輪開催よりもつらい唯一のことは、五輪に出場できないことだと選手らは言う。

  女子重量挙げの米国代表ケイト・ナイ選手は「五輪がなければ、私の生きる理由の大部分がなくなる」と語る。同選手は女子重量挙げ71キロ級の現在の世界チャンピオンで、五輪は初出場となる。

  世界の舞台でメダルを獲ることはアスリートにとってはもちろん夢だが、五輪での成功はスポンサー契約や政府の支援などによってより多くの収入や認知度の高まりにつながる可能性もある。

コロナ禍の五輪に威信賭ける日本、後戻り困難に-開幕まで50日切る

PANAM-2019-WEIGHTLIFTING-US

ケイト・ナイ選手(2019年)

  「この一つのイベントを中心に人生を計画している」と話すナイ選手は、試合の4日前に一人で空路、東京入りし、隔離後に試合に出場、その翌日に日本を出国する。全部で6日間の旅程となる。

  2016年に競泳で自身の憧れだったマイケル・フェルプス選手を破って金メダルを獲得したシンガポールのジョセフ・スクーリング選手(25)は、最初に新型コロナ感染が拡大した時、練習拠点だった米国を一時離れなければならかった。同選手はシンガポールで練習しなければならず、プールに行ける保証がない日も何日かあったと、電子メールを通じて明らかにした。

  プレーブックのコロナ対策指針によって、選手の五輪でのスケジュールが宙に浮く形となっている。ビーチバレーのオランダ代表、マデレイン・メッペリンク選手(30)は、試合開始の1週間前に日本に到着するが、最後の試合の日が自分の成績次第となるため、帰りの航空券は予約できていない。

  過去の五輪では「負けた場合は仲間のアスリートを応援し、全体の雰囲気を味わうことができた。今はとてもそんなことはできない」と話す。

  周囲から十分なサポートを受けられないことがここ1年の調整の中で最も大変だったことの1つだと、アスリートらは言う。多くの選手は家族から長期間離れて練習したり、隔離生活を送ったりしている。

OLY-2020-2021-WEIGHTLIFTING-MAS-PHI

ヒディリン・ディアス選手(5月21日)

  女子重量挙げのフィリピン代表、ヒディリン・ディアス選手(30)はマレーシアでトレーニングしているため、1年余り家族と会っていない。体操男子の英国代表、マックス・ウィットロック選手は、幼い娘と離れて時間を過ごすことがつらいと述べた。

  同選手は5月24日、記者団に対し「つらいことだが、それに耐えなければならない。われわれ皆がそういう状況にあるのだから」と語った。

原題:
Tokyo Olympics Promise to Be Weirdest Ever for Isolated Athletes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE