コンテンツにスキップする

東京五輪の観客数、政府方針に基づき決定へ-期間中は1万人

更新日時
  • プロ野球などで「クラスターは発生していない」と菅首相
  • 観客数はIOCなどが決定、分科会の尾身会長らは18日に提言発表

菅義偉首相は17日の会見で、東京五輪・パラリンピックの観客上限は、政府のイベントの開催制限に基づき決定されるとの認識を示した。まん延防止等重点措置が期限通り解除されれば、五輪期間中の上限は1万人となる。

  菅首相は政府が重点措置解除後もイベントの観客を1万人までに制限する措置を継続することに触れ、「東京大会の人数上限というのは、こうしたルールに基づくことを基本として決定される」と述べた。観客を入れて開催しているプロ野球などを挙げ、「クラスターはほとんど発生していない」と主張した。

  近く国際オリンピック委員会(IOC)や国際パラリンピック委員会(IPC)、政府、東京都、組織委員会による5者協議が開かれ、観客数を決定する。 

  観客上限を巡っては、新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長ら専門家が18日、感染拡大や医療ひっ迫を防ぐための政府への提言を発表する。共同通信によると、無観客での開催が最も感染リスクが小さいとの内容が盛り込まれるという。

菅首相と尾身会長の二人三脚、五輪巡り亀裂も-専門家が近く提言へ

他の発言
  • 感染再拡大なら酒類提供一律停止や厳格なイベント制限も
  • コロナ対策全力でやる中で状況見えてくる-解散時期
  • 経済あっての財政だが健全化の旗は降ろすことはない
  • IRは観光の観点から整備法に基づいて準備進めたい
  • 中国とは安定した関係作ること大事、言うべき点は主張する-包囲網は作らない
(五輪の観客についての情報を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE