コンテンツにスキップする

米SEC、ビットコインETFに関する判断を再度先送り

  • CBOEからの上場申請についてさらなる意見公募行うと説明
  • ゲンスラー委員長の下で承認される可能性は高まるとみられていた

米規制当局はビットコイン上場投資信託(ETF)の承認を再度先送りした。

  米証券取引委員会(SEC)は16日の発表資料で、シカゴ・オプション取引所(CBOE)を運営する米CBOEグローバル・マーケッツからの上場申請についてさらなる意見公募を行うと説明した。

  暗号資産(仮想通貨)推進派はSECがビットコインETFの承認を渋っていることに不満を募らせている。

  ゲンスラーSEC委員長が以前、マサチューセッツ工科大学(MIT)でデジタル資産について教えていたことから、同氏が4月に委員長に就任したことでSECがビットコインETFを承認する可能性は高まるとみられていた。しかし、4月以降もSECは仮想通貨業者の不十分な監督について懸念を表明。さらにビットコイン先物に投資する投信のリスクについて新たに警告を発してきた。

原題:
SEC Delays Ruling on Bitcoin ETF in Blow to Crypto Traders (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE