コンテンツにスキップする

GM、EV・バッテリー投資を30%引き上げ350億ドル-25年までに

From
  • 今年上期の調整後EBITは95億ドルに、従来見通しを大幅上方修正
  • EVモデルを追加、米国内2カ所に新たに電池工場建設へ

米自動車メーカー、ゼネラル・モーターズ(GM)は未来の技術に対する投資を強化し、激化する電気自動車(EV)開発競争に挑む。同社は16日、2025年までにプラグイン型EVモデルやバッテリー工場に350億ドル(約3兆8500億円)を投じると発表し、投資額を従来の計画から30%引き上げた。

  GMによれば、積極的な投資計画は予想以上に良好な今年の財務状況を反映しており、今年上期の調整後EBIT(利払い・税引き前利益)予想は最大95億ドルと、従来見通しの55億ドルから上方修正された。GMファイナンシャル部門の増収・増益が寄与した。

  同社は25年までにEVを世界で30種投入する計画を掲げていた。今回さらに追加する意向を示したが、具体的な数は明らかにしなかった。

  GMはまたテネシー州とオハイオ州に電池工場を建設する計画も発表した。

Embargoed Photo - Cadillac LYRIQ

GMの電動SUV「キャデラック・リリック」

原題:GM Deepens EV Bet Again, Boosts Spending 30% to $35 Billion (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE