コンテンツにスキップする

米住宅着工件数、わずかな増加にとどまる-建設許可件数は減少

更新日時
  • 住宅着工件数は前月比3.6%増の157万戸-予想163万戸
  • 建設許可件数は3%減、昨年10月以来の低水準に

5月の米住宅着工件数は前月比でわずかな増加にとどまり、建材コスト上昇などを背景に住宅建設のペースが鈍化しつつある可能性を示唆した。

キーポイント
  • 住宅着工件数(季節調整済み、年率換算)は前月比3.6%増の157万戸
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は163万戸
    • 前月は152万戸(速報値157万戸)に下方修正
Record share of U.S. consumers say buying conditions poor because of high prices

  建設業者は新型コロナウイルス禍の中、旺盛な需要に対応しようと努めてきたが、原材料価格の高騰や人材不足が着工件数増加の壁となっている。また、在庫が限られているため住宅価格は上昇しており、買い手の関心も弱まりつつある。

  先に発表された6月の米ミシガン大学消費者マインド指数では、住宅価格が高いと答えた消費者の割合は過去最高に達した。

  着工件数の先行指標となる住宅建設許可件数は3%減の168万件と、昨年10月以来の低水準に落ち込んだ。

  一戸建て住宅の着工件数は4.2%増の約110万戸。変動の大きい集合住宅の着工件数は2.4%増の47万4000件となった。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:Starts of U.S. Homes Increased Slightly in May, Permits Eased、U.S. May Housing Starts Rose to 1,572k Annualized, Below Est.(抜粋)

(統計の詳細を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE