コンテンツにスキップする

クレディS、グリーンシル関連で東京海上などに保険金請求準備-報道

更新日時
  • グリーンシル関連の複数ファンドから生じた損失について請求に動く
  • 関連保険金を東京海上などに請求する手続きにも着手したと関係者

スイスの銀行クレディ・スイス・グループは、破綻した英金融ベンチャー、グリーンシル・キャピタルに関係する複数のファンド(総額100億ドル=約1兆1000億円規模)から生じた損失について、最初の保険金請求を準備している。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が報じた。

  事情に詳しい複数の関係者からの情報を同紙が引用したところでは、クレディ・スイスの債権回収チームは1000余りの投資家を代表し、主に債務者との交渉に注力しているが、関連する保険金を東京海上などに請求する手続きにも着手したという。

  FT紙によれば、実業家サンジーブ・グプタ氏のGFGアライアンスと鉱山会社ブルーストーン・リソーシズ、ソフトバンクグループが出資する米新興建設会社カテラの3者に関係する23億ドルの回収が難しいとクレディ・スイスは示唆している。

  クレディ・スイスが準備している最初の保険金請求は、カテラなど3者に関係したものではないという。

  クレディ・スイスはFT紙の取材に対し、コメントを控えている。

原題:Credit Suisse Readies Insurance Claims on Greensill Losses: FT(抜粋)

    これはブルームバーグ・オートメーションを利用して作成した記事です。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE