コンテンツにスキップする

中国軍機28機が台湾の防空識別圏に侵入、今年最多-台湾国防部

  • 台湾が米国との関係強化を図る中で中国は台湾への軍事的圧力強める
  • 中国の軍用機はこの1年、台湾の防空識別圏に頻繁に侵入

台湾国防部(国防省)は15日、中国の軍用機28機が台湾南西部の防空識別圏(ADIZ)に侵入したと発表した。1日の数としては今年最も多い。台湾が米国との関係強化を図る中で、中国は台湾当局への軍事的圧力をさらに強めている。

  台湾国防部の声明によると、侵入したのは中国人民解放軍の戦闘機「殲16」14機と「殲11」6機を含む計28機。台湾軍は偵察機を派遣したほか、無線で警告を発し、防空ミサイルシステムを配備した。

  中国の軍用機はここ1年にわたり、台湾南西部の防空識別圏に頻繁に侵入している。

china J-16

中国の「殲16」戦闘機

原題:
China Sends 28 Planes Near Taiwan in Year’s Largest Exercise (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE