コンテンツにスキップする

巨大IT企業規制推進派、カーン氏のFTC委員指名を米上院が承認

米上院は連邦取引委員会(FTC)の委員に、バイデン大統領が指名したコロンビア大学法科大学院のリナ・カーン准教授を承認した。カーン氏は反トラスト法(独占禁止法)の専門家で、巨大IT(情報技術)企業に対する厳しい姿勢で知られる。

  上院は15日、カーン氏(32)の指名を69対28で承認した。数年前には法科の大学院生だった同氏が、米独禁当局のトップ機関に席を得た。圧倒的な地位を持つ大手テクノロジー企業への規制を政府がどこまで踏み込むのかについて、カーン氏の意見は影響力を持ちそうだ。

  カーン氏はFTCの委員5人の1人でしかないが、この承認で民主党政権が指名した委員がFTCの過半数を掌握することになる。ほか2人の民主党委員、スローター委員長代行とチョプラ委員も、独占禁止についてより強力な取り締まりを長らく主張してきた。

  カーン氏はイエール大学の学生だった2017年にアマゾン・ドット・コムに関する研究論文を発表して脚光を浴びるようになった。この中で同氏はアマゾンを有害な独占企業だと位置付け、米国の独禁法執行のあり方を考え直さなければならないような慣行を指摘した。

Senate Commerce, Science And Transportation Committee Holds Confirmation Hearing

リナ・カーン氏

撮影:ソールローブ/ AFP /ブルームバーグ

原題:
Big Tech Antagonist Khan Confirmed by Senate to FTC Seat(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE