コンテンツにスキップする

ソフトバンクG、25万人規模にワクチン接種へ-社員や家族、近隣住民

ソフトバンクグループは15日、社員と家族、事業所周辺の近隣住民などを対象に計25万人規模の新型コロナウイルスワクチン接種を実施する方針を明らかにした。まずは21日から社員への接種を開始する。

  • 同日午後に河野太郎行革相(ワクチン輸送担当)がソフトバンクGの接種会場であるウィーワーク乃木坂(東京都港区)を視察した際、同行した孫正義社長が明らかにした
  • 孫社長は記者団に対し、ワクチンが一日も早く広がれば、いろいろな意味で安心や安全が広がると述べた
  • 同社長によると、東京本社や福岡ペイペイドームなど国内15カ所に接種会場を設けるという
  • 発表資料によれば、25万人の内訳は社員など職域接種で15万人規模、近隣住民で10万人を目指す
  • 4日に同社が職域接種の順次開始を発表した際、対象者はソフトバンクGと国内携帯子会社のソフトバンク、グループ会社の従業員と家族、携帯電話ショップやコールセンターのスタッフなど10万人規模としていた
SoftBank Group Corp. Prepares For Workplace Vaccination

ソフトバンクGが行ったワクチン接種シミュレーション

Photographer: Toru Hanai/Bloomberg

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE