コンテンツにスキップする

米ジャンク債利回り、過去最低更新-投資家のリスク志向強まる

  • 景気回復加速や米低金利政策がジャンク債相場押し上げ
  • 低金利や原油高を受け、5月のジャンク債発行は記録的規模

米ジャンク債利回りは14日、過去最低水準に低下した。景気回復の加速や米金融当局の低金利政策を受け、投資家のリスク志向が強まった。

  ブルームバーグ・バークレイズ指数のデータによると、ジャンク(投機的)級社債の利回りは4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の3.84%と、5月に記録したこれまでの過去最低を下回った。

Junk-bond yields plunge to all-time low

  今年に入り投資家は新規の債券発行に殺到している。低金利や原油高が社債による資金調達の追い風となっており、5月のジャンク債発行は記録的規模となった。

米ジャンク債の上昇相場に弾み、原油高と物価指数の動向が追い風

原題:U.S. Junk-Bond Yields Hit New Low as Investors Undaunted by Risk(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE