コンテンツにスキップする

ゴールドマン、仮想通貨「イーサ」のオプション・先物取引提供を計画

  • デジタル資産責任者マクダーモット氏がインタビューで語る
  • ビットコイン価格と連動する上場投資証券を通じた取引の促進も計画

ゴールドマン・サックス・グループは暗号資産(仮想通貨)トレーディングの対象を拡大し、ビットコインに加え新たにイーサを扱う計画だ。

  ゴールドマンのデジタル資産責任者、 マシュー・マクダーモット氏によると、同社はイーサのオプション・先物取引の提供を計画している。

  同社は今年、顧客のビットコイン先物取引支援でトレーディングデスクを再開していた。マクダーモット氏はビットコイン価格と連動する上場投資証券(ETN)を通じた取引の促進も計画していると語った。

  規制当局は仮想通貨の極めて高いボラティリティー(変動性)やマネーロンダリング(資金洗浄)で果たす役割を理由に警告を発しているものの、投資銀行は大口顧客へのビットコイン関連サービスを拡充している。5月のビットコイン急落の後でもヘッジファンドのビットコイン熱は衰えていない。

Mathew McDermott

マシュー・マクダーモット氏

  マクダーモット氏は10日の電話インタビューで、「現在の相場がエントリーポイントとして若干好ましくなったとして取引を望む顧客が強い関心を示している」と発言。「われわれは特にリテールの観点から、こうした動きがシステムのレバレッジや過剰の一部を低減する浄化の働きをするとみている」と語った。

原題:
Goldman Expands in Crypto Trading With Plans for Ether Options(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE