コンテンツにスキップする

中国広核集団、台山原発は正常に稼働-放射能漏れの警告と報道後

  • 仏フラマトムが「放射能の脅威」を米政府に警告とCNN
  • 入手可能なデータによれば、安全性評価基準内で稼働-フラマトム

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

中国広東省にある台山原子力発電所および周辺の環境指標は正常な値を示していると中国広核集団(CGN)が発表した。同原発の建設を支援したフランス企業が放射能漏れについて警告を発したと、CNNが報じていた。

  CGNは台山原発のウェブサイトに掲載した資料で、原子炉1号機は正常に稼働しており、2号機は総点検後に送電網に先週再接続されたと説明した。原子炉2基の発電容量は計3.3ギガワットで、それぞれ2018年と19年に運転を開始した。

  CNNは米当局者の話とCNNが検証したとしている文書を引用し、仏フラマトムが同原発で「放射能の脅威」が差し迫っていると米政府に警告したと報じた。 

  CNNによると、これらの文書にはフラマトムから米エネルギー省に送付された支援要請の書簡が含まれていた。同社は香港の西約130キロにある台山原発の建設を助け、技術サポートも提供した。

  フラマトムは「台山原発と性能問題の解決に向けた支援を行っている」と電子メールでコメント。入手可能なデータによれば、同原発は安全性評価基準内で稼働しているという。フラマトムの親会社であるフランス電力公社(EDF)は台山原発に関し合弁側に助言していることを明らかにした。

  この書簡を受けワシントンで幾つかの高官協議が行われ、米仏両政府も話し合ったとCNNは報道。米中両政府間の接触もあったという。米当局者は一般市民あるいは原発作業員の安全に関し深刻な脅威はないと考えているともCNNは伝えた。

  CGNは台山原発合弁に51%出資。残りのうち30%をEDFが出資する。工業の中心地である広東省では電力不足が報じられている。中国は米仏に次ぐ世界3位の原発大国。 

原題:China Says Nuke Plant Operates Safely After Radiation Report (1)、*EDF: PROVIDING EXPERTISE TO TNPJVC REGARDING TAISHAN PLANT(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE