コンテンツにスキップする

きょうの国内市況(6月14日):株式、債券、為替市場

国内市況の過去の記事はこちらです。指標はここをクリックして下さい。

●日本株は反発、G7受け景況感の改善期待-半導体や自動車関連が上昇

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場は反発。TOPIXは4営業日ぶりに上昇した。主要7カ国(G7)が13日まで開いた首脳会議(サミット)で東京五輪・パラリンピックの開催に支持を再表明し、景況感の改善する期待が高まった。半導体や自動車関連株に買いが入り、海運やゴム製品の上げが目立った。半面、15日まで開催のゲーム見本市「E3」に伴う期待を織り込んだとの見方が出たゲーム関連株には売りが先行。建設や銀行も下落した。

  • TOPIXの終値は前営業日比5.73ポイント(0.3%)高の1959.75
  • 日経平均株価は213円07銭(0.7%)高の2万9161円80銭

東海東京調査センターの平川昇二チーフグローバルストラテジスト

  • 米国市場で金利が上昇し株式相場が高かった流れを引き継ぐ
  • G7が表明した新型コロナウイルスのワクチン追加供給やオリンピック開催支持は景気回復を後押しする材料
  • 米長期金利が反転して上がり、下期に向けた景気拡大のシナリオが描きやすくなったことも株価を後押しする
上昇率上位海運、ゴム製品、金属製品、電気機器、証券・商品先物取引
下落率上位その他製品、建設、銀行

●債券は先物や長期債を中心に下落、米長期金利上昇を受けて売り優勢

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)   

  債券相場は先物や長期債を中心に下落。前週末の米国市場で長期金利が上昇したことを受けて売りが優勢だった。

  • 新発10年債利回りは前週末比0.5ベーシスポイント(bp)高い0.035%
  • 長期国債先物9月物の終値は3銭安の151円87銭。米長期金利上昇の流れを引き継ぎ売りが先行し、151円82銭まで下落。午後に入り一時横ばいまで戻したが、買いが続かず再び下落

みずほ証券の松崎涼祐マーケットアナリスト

  • 海外金利の低下一服を受けて先物や10年債は弱含み
  • 超長期債は20年債が甘い一方で30年債が底堅い
  • このところ20年債が強い一方で30年債が甘かったので、スティープ(傾斜)化し過ぎた20年ー30年カーブ(利回り曲線)の巻き戻しが起こっている

●ドル・円は109円台後半、米金利低下一服で小じっかりもFOMC待ち

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場のドル・円相場は1ドル=109円台後半で推移した。先週見られた米長期金利の急低下が一服する中、ドルが小じっかりとなったが、あすから始まる米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に動意に乏しい展開だった。ユーロはラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁のハト派発言もあり、対ドルで約1カ月ぶり安値付近で推移した。

  • ドル・円は午後3時27分現在、前週末比0.1%高の109円72銭。109円62銭から109円83銭まで強含んだ後はもみ合い
  • ユーロ・ドルは0.1%安の1ユーロ=1.2097ドル。先週末には一時1.2093ドルと5月14日以来の水準までユーロ安・ドル高が進行

りそなホールディングス市場企画部の梶田伸介チーフストラテジスト

  • 週末の主要7カ国首脳会議(G7サミット)も為替に影響を与えるような話は出ず、動きづらい。ただ、FOMCを控えて若干の期待感はありそうで、米金利がいったん下げ止まっている中でドル・円も底堅さはあるだろう
  • FOMCではテーパリング(資産購入の段階的縮小)議論開始に向けた何らかのアナウンスメントはあるかもしれないが、議論が緒に就いたというだけでどんどんドル高にもなりづらいだろう
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE