コンテンツにスキップする

豪州は中国と対話のテーブルに着く用意ある-モリソン首相

オーストラリアのモリソン首相は12日、中国当局との対話を再開したい意向を示した。主要7カ国(G7)首脳会議に合わせ訪問中の英国で記者会見し語った。首相オフィスから送付された文書で明らかになった。中国による貿易面での一連の報復措置がすでに弱体化が見られる両国関係に重荷となっている。

  モリソン首相は「われわれはもちろん、行われていた対話がまた続いて再開することを望んでいる」とし、「オーストラリアはいつでもテーブルに着いて両国関係をどう機能させることができるか話し合う用意がある」と語った。

豪首相、WTO紛争処理手続きで解決図ると表明-中国のワイン関税

原題:Australia Says It Wants to ‘Sit Around the Table’ With China (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE