コンテンツにスキップする

東芝大株主の3D、永山氏ら取締役4人の即時辞任を要求-報道

東芝の第2位株主であるシンガポールの資産運用会社、3Dインベストメント・パートナーズが、東芝の永山治取締役会議長など取締役4人の即時辞任を求めたことが明らかになった。ロイター通信が3Dインベストメントが4人に送った手紙を閲覧したとして報じた。

  3Dは、10日に昨年7月の定時株主総会の運営に関する外部弁護士の調査報告書が公表されたことを受け、永山議長のほか、監査委員会の太田順司委員長、小林伸行委員、山内卓委員の4人が東芝と同社株主の利益に反する行為を行っていると判断したという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE