コンテンツにスキップする

【新型コロナ】米政府が起源調査要求-伊はアストラワクチン年齢制限

  • 英首相、イングランドで21日予定の規制解除を見送りへ-テレグラフ
  • 一部で心筋炎、モデルナは同社製ワクチンとの因果関係なしと発表

ブリンケン米国務長官は11日、中国外交トップの楊潔篪共産党政治局員と電話会談を行い、新型コロナウイルスの起源を巡る専門家主導の新たな調査を認めるよう求めた。一方、楊氏は武漢ウイルス研究所からのコロナ流出説はでたらめだと一蹴した。

米中外交トップが電話会談、新型コロナウイルスの起源など巡り応酬

  英紙テレグラフによると、インドで最初に確認された「デルタ株」の感染が拡大していることから、ジョンソン首相はイングランドで今月21日に予定していたコロナ規制の残りの解除を見送る方針を14日に発表する。当初予定から解除を最大4週間先送りし、2回目のワクチンを接種する人々を増やす必要があると判断したという。

  イングランド公衆衛生庁(PHE)の研究者らは11日、デルタ株はアルファ株よりも家庭内の感染リスクが64%高いとの報告を発表した。イングランドでは5月末の時点でデルタ株が支配的な変異ウイルスとなっており、新規感染者全体の90%超を占める。

U.K. Town With a High Number Of Covid-19 Variant Cases

移動式コロナ検査場の外に立つ担当者(5月、英ベッドフォードで)

  モデルナは11日、新型コロナウイルスワクチン接種後に一部の人々が心筋炎や心膜炎を発症した事例を巡り、同社製ワクチンに関する利用可能な安全性データを検証した結果、「当社製ワクチンとの因果関係は認められなかった」と発表した。

Biden Sees Normalcy Returning by Summer As Vaccinations Surge

モデルナの新型コロナウイルスワクチン

  イタリアのスペランツァ保健相は11日の記者会見で、アストラゼネカのワクチンについて60歳未満の人への接種を禁じると発表した。1回目にアストラゼネカのワクチンを接種した対象者には別のワクチンが2回目に接種されるという。

  米ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の新型コロナ感染者数は1億7510万人、死者数は370万人をそれぞれ超えた。ブルームバーグのワクチントラッカーによれば、世界のワクチン接種は計23億回を上回った。

原題:U.S. Pushes China on New Study; Italy Limits Astra: Virus Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE