コンテンツにスキップする

プーチン大統領、バイデン氏に衝動的動きないと期待-協力の余地も

  • トランプ前大統領に比べてバイデン氏は予測可能と示唆
  • 米ロ首脳、16日にスイスのジュネーブで初会談

ロシアのプーチン大統領は11日、サイバー攻撃や国内の反体制派への対応で対立が深まっている米国との関係について、バイデン大統領と協力できる可能性があると示唆した。トランプ前大統領に比べて予測可能であることが一因のようだ。米ロ首脳は16日にスイスのジュネーブで初めての会談に臨む。

  プーチン大統領はモスクワで行われた米NBCニュースとのインタビューで、「異なるタイプの人物であり、有利不利はあるものの、現職の米大統領として衝動に基づいた動きはないと大いに期待している」と述べた。

  プーチン氏はトランプ前大統領についても「並外れた人物、優れた人物であり、そうでなければ米大統領にはなれなかったはずだ」と持ち上げた。

原題:
Putin Sees Chance to Work With Biden at Low Point in U.S. Ties(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE