, コンテンツにスキップする

ブラックロック、全額出資の投信事業開始で中国当局の認可獲得

  • ブラックロックは中国の投資家向けに商品提供開始へ
  • ウェルスマネジメントの合弁事業開始でも認可獲得済み

世界最大の資産運用会社、米ブラックロックは、中国で完全子会社による投資信託ビジネスの開始について当局の認可を得た。急成長するウェルスマネジメント市場でシェアを獲得する一歩となる。

  ブラックロックは11日の発表文で、中国証券監督管理委員会(証監会)から中国人投資家に対する投資商品とソリューションの販売を始める許可を獲得したことを明らかにした。

  同社は1カ月前には、中国建設銀行やシンガポールの政府系投資ファンド、テマセクと共にウェルスマネジメントの合弁事業を始めることでも当局の承認を得ていた。

関連記事

原題:
BlackRock Receives Nod to Start China Mutual Fund Business (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE