コンテンツにスキップする

コーエン氏のペントハウス、希望価格上回る額で売れる-大幅値引き後

  • 売却価格は3050万ドル-2月に希望価格を2950万ドルに下げていた
  • 市場はようやく妥協点を見いだしている-不動産仲介業者

スティーブ・コーエン氏が所有していたニューヨーク市マンハッタンの豪華なペントハウスは売却までに結局8年かかり、最終的に4つの仲介業者がかかわった。ただ、この物件は値下げだらけの現在の市場で異彩を放つ。希望売却価格を上回って売れたからだ。

  ヘッジファンド運営会社ポイント72アセット・マネジメントの創業者でニューヨーク・メッツのオーナーでもあるコーエン氏所有のメゾネットタイプのペントハウスは、今年2月に希望売却価格が2950万ドル(約32億3000万円)に引き下げられていた。2013年の売り出し時の価格は1億1500万ドルだった。

  これに対し売却価格は3050万ドルになったとクリスティーズ・インターナショナル・リアル・エステートのエリン・ボワソン・エリース氏は明らかにした。同氏のチームは2019年からこの物件を手掛けてきた。コーエン氏の希望売却価格を3.4%上回る水準だ。同氏は05年に2400万ドルで同物件を購入した。

Cohen Penthouse East 58th Street PH5152W

東58丁目151番地の物件

  どうやら最後の値下げが効果的だったようで、買い手候補2人がすぐに現れ、価格がつり上げられたとエリース氏は指摘。一方の候補は数年前に内覧していたという。

  物件紹介によれば、、51階と52階を占めるこのペントハウスはベットルーム5室、フルバスルーム6つ、天井の高さ7.3メートルのリビングルームを持ち、セントラルパークを見下ろす眺望が売り物。

  コーエン氏の広報担当を務めるジョナサン・ガスサルター氏からは現時点で返答が得られていない。

  不動産鑑定ミラー・サミュエルによれば、1000万ドル以上の物件ではここ1年、90%余りが直近の希望価格以下で売却されている。

  エリース氏のチームのマネジングディレクター、アダム・ザッカー氏は「上向きの動きに誰もが驚いている。適正な価格設定によるところが大きい。市場はようやく合意点を見いだしている」語った。

関連記事 
コーエン氏、NYマンハッタンのペントハウスを74%値下げし売却

原題:Steve Cohen’s NYC Condo Sells Above Asking Price After Big Cut(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE