コンテンツにスキップする

20日の緊急事態宣言の解除検討、まん延防止措置に-報道

新型コロナウイルス感染拡大を受けて10都道府県に発令中の緊急事態宣言について、東京や大阪など大半の地域で期限の20日で解除し、「まん延防止等重点措置」へ移行する検討に政府が入ったと、毎日新聞が伝えた。

  報道によれば、重点措置の期間は東京オリンピック開幕(7月23日)までの1カ月程度を想定し、飲食店への営業時間短縮要請などの対策を続ける。来週後半に判断する方針という。

ワクチン接種、10-11月には希望者全員に-菅首相が党首討論で表明

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE