コンテンツにスキップする

メキシコ財務公債相にラミレスデラオ氏を起用-エレラ氏は中銀総裁へ

  • ロペスオブラドール大統領がツイッターで明らかにした
  • ラミレスデラオ氏は大統領の長年の側近で経済顧問

メキシコのロペスオブラドール大統領は9日、次期財務公債相に長年の側近で経済顧問のラミレスデラオ氏を起用すると発表した。3日前に行われた中間選挙でロペスオブラドール政権は議会の圧倒的多数を失っていた。

  ラミレスデラオ氏(72)は、メキシコ銀行(中央銀行)の次期総裁に指名されるエレラ財務公債相の後任となると、ロペスオブラドール氏は自身のツイッターで明らかにした。現職のディアスデレオン中銀総裁は、12月に退任する。

メキシコ大統領、ディアスデレオン中銀総裁の2期目指名しないと表明

  9日の取引で同国通貨ペソは発表後に対ドルで一時0.3%安と、弱含む場面も見られたが、その後戻した。

  バークレイズの中南米担当チーフエコノミスト、マルコ・オビエド氏は「ラミレスデラオ氏は国営メキシコ石油公社(ペメックス)などの管理強化を図りたい考えだろう」と指摘した。

  ラミレスデラオ氏は英ケンブリッジ大学で経済学の博士号を取得。1994年のペソ切り下げを予測した。2006年の大統領選でロペスオブラドール氏のアドバイザーを務めた。1983年から経済コンサルタント会社を経営している。

原題:AMLO Taps De La O as Finance Chief, Herrera Set for Banxico (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE