コンテンツにスキップする

バイデン氏、TikTokとウィーチャットの禁止を撤回-当局者

更新日時
  • 大統領令を通じ、各アプリの精査などレモンド商務長官に指示
  • 中国企業を標的にしたトランプ前政権の措置に取って代わる

バイデン米大統領は9日、中国企業が運営するアプリ「TikTok(ティックトック)」と「微信(ウィーチャット)」に対するトランプ前政権時代の禁止令を取り消す。複数の政権高官が明らかにした。その代わり、米国人の重要データに危険を及ぼす恐れのある外国製アプリの精査を行うという。

  バイデン氏は大統領令を通じ、各アプリの精査およびセキュリティー上のリスクがあるアプリのブロックをレモンド商務長官に指示する。同大統領令は、TikTokの運営会社である北京字節跳動科技(バイトダンス)やウィーチャットを保有するテンセント・ホールディングス(騰訊)など、特に中国企業を標的にしたトランプ前大統領による一連の措置に取って代わるものになる。

  トランプ政権が打ち出した禁止措置は、これらアプリが特に国家安全保障上の脅威になっているとの証拠が示されていないとして、複数の連邦地裁が差し止めの判断を下していた。

トランプ政権のTikTok禁止措置、ワシントン連邦地裁も差し止め

  バイデン政権当局者は新たな大統領令について、米国民の重要データに害を及ぼすと米当局が見なす基準を明確にすることが狙いだとしている。ホワイトハウスのファクトシートによると、こうしたデータには個人を特定できる情報や遺伝情報が含まれ、中国など敵対的な国と直接結び付いている個人に行き渡るリスクが念頭に置かれているという。

  政権高官の1人は、米企業へのティックトック売却に関する安全保障上の見直しは別に進んでおり、9日の措置とは関係がないと述べた。

  当局者によると、バイデン政権によるアプリ精査の枠組みは柔軟であり、各企業の特定のリスクに個別対応したアプローチが可能になるという。

原題:Biden Revokes TikTok, WeChat Bans and Orders Security Review (1)(抜粋)

(第3段落以降を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE