コンテンツにスキップする

10年物米国債利回りが1.5%下回る、5月7日以来-低下傾向続く

  • 一時3.7ベーシスポイント低下の1.4958%となった
  • インフレ伴う景気回復見通しを背景に3月には1.774%に達していた

ニューヨーク時間9日朝の取引で、10年物米国債利回りが5月7日以来初めて1.5%を下回った。3月後半に付けた今年のピークからの低下傾向が続いている。

  10年債利回りは一時3.7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.4958%となった。

  インフレを伴う景気回復の見通しを背景に同利回りは3月に1.774%に達したが、その後は米連邦準備制度が債券購入漸減(テーパリング)に向かっている兆しがありながらも低下している。米連邦公開市場委員会(FOMC)は15、16両日に政策決定会合を開く。

原題:
Treasury 10-Year Yield Falls Below 1.5% to Lowest Since May 7(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE