コンテンツにスキップする

北朝鮮の金正恩委員長が体重減、高級腕時計のベルトで判明との分析

  • 愛用する腕時計のベルトの余り、過去数カ月の写真と比べ長くなった
  • 金氏は長期的に指導者にとどまれるほど健康なのか-ズビルコ氏

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

先週末に約1カ月ぶりに姿を見せた北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記は、間違いなくほっそりしたように見えた。それをはっきりと示したのは、同氏が着用していたスイス製腕時計かもしれない。

  北朝鮮専門メディアのNKニュースが8日掲載した分析によると、北朝鮮国営メディアが公表した最新の写真では腕時計のベルトの余りが長くなっていた。この腕時計はスイスの高級時計メーカー、IWCシャフハウゼン製で価格は1万2000ドル(約130万円)。金氏(37)は常に身に着けて愛用していることから、NKニュースは過去数カ月の写真に写るベルトの余り部分と比較し、同氏が痩せたとの見方を裏付けた。

北朝鮮の金正恩労働党委員長が痩せたと、NKニュースのズビルコ氏が分析

Source: Quicktake)

  金氏の体重については、独裁的で秘密主義の北朝鮮体制の安定性を測る尺度として外国情報機関が長らく注目を続けている。金氏の一族は心臓病に代々悩まされたという経緯もある。韓国の情報機関、国家情報院は昨年11月に議員らに対し、金氏の体重は推定140キロで、2011年に最高権力者の地位に就いて以来、約50キロ太ったと報告した。

  NKニュースでこの分析を行ったコリン・ズビルコ氏は「金氏が長期的に指導者の地位にとどまれるほど健康なのかどうか、外国情報機関は知りたがっている」と指摘。「舞台裏で何が進行しているのか、金氏の健康状態は悪いのか。北朝鮮は核兵器を保有しているだけに、それが地域の安全保障にどのような影響を及ぼすのか」などの疑問があると語った。

原題:
What Kim Jong Un’s $12,000 IWC Watch Says About His Weight Loss(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE