コンテンツにスキップする

ロシア外相、来週の米ロ首脳会談に「過度な期待や幻想」はない

ロシアのラブロフ外相は、来週の首脳会談で米ロ関係が打開される可能性について「過度の期待や幻想」は抱いていないと話した。

  ラブロフ氏は9日、モスクワでの会議で、プーチン大統領とバイデン米大統領が会談を行うこと自体は重要だと述べた。両首脳の会談は16日にジュネーブで対面形式で行われ、対面ではバイデン大統領の就任以降で初めて。

RUSSIA-MONGOLIA-DIPLOMACY

ロシアのラブロフ外相

  ラブロフ氏によれば、首脳会談での議題について双方はまだ最終的な合意には達していない。ロシア側は戦略的な安定を巡り米国と幅広い議論を求めている。

  同氏は「米ロ関係の正常化は、平等と相互尊重の原則に従ってのみ可能だ」と主張。「対話は何もないよりは良い。しかし、米国の政策が覇権主義に固執するのであれば、また米国のエリート層を支配する自らのプロパガンダを米国民が傾聴しているのであれば、期待はあまりできないだろう」と語った。

原題:Lavrov Says No Illusions About Putin-Biden Summit Next Week(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE