, コンテンツにスキップする

マイクロストラテジー、ビットコイン関連のジャンク債5億ドルに増額

  • 4億ドル規模を当初計画していたが募集開始までに旺盛な需要を確認
  • 発行利回りは、仮条件(6.25ー6.5%)を下回る6.125%に設定された

データ分析ソフトウエアの米マイクロストラテジーは、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン買い増しを目的とする担保付きジャンク債(投機的格付け債)の発行額を5億ドル(約550億円)に引き上げた。高利回り債市場でのこの種の起債は初めてという。

  起債プロセスに詳しい複数の関係者が匿名を条件に語ったところでは、ビットコイン価格の下落基調にもかかわらず、多くのヘッジファンドが関心を寄せ、約16億ドル相当の応募があった。

  マイクロストラテジーは4億ドル規模の発行を当初計画していたが、7日の募集開始までに旺盛な需要が確認された。事情に詳しい関係者によると、発行利回りは、仮条件(6.25ー6.5%)を下回る6.125%に設定された。

マイクロストラテジー、社債4億ドル発行へ-ビットコイン買い増しで

  単独のブックランナーを務めるジェフリーズ・ファイナンシャル・グループとマイクロストラテジーの担当者にコメントを求めたが、これまでのところ返答はない。

原題:
MicroStrategy Boosts Bitcoin-Linked Junk Bond to $500 Million(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE