コンテンツにスキップする

ロビンフッド、IPO実施時期の目標を7月に設定-関係者

  • 今月後半の上場計画は望み薄に、7月4日の祝日後の時期目指す
  • 最終決定は下されておらず上場計画は再び変更の可能性も-関係者

人気の投資アプリを運営する米ロビンフッド・マーケッツは今月にも上場する計画が望み薄となる中、7月の株式公開を目指している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  ロビンフッドは7月4日の米独立記念日の祝日の旅行から投資家が戻る時期に新規株式公開(IPO)を実施したい考え。関係者は部外秘情報だとして匿名を条件に話した。最終決定は下されておらず、ロビンフッドの上場計画は再び変更される可能性もあるという。

  3 月に非公開の形でIPO申請を行ったロビンフッドは6月後半の上場を目標としているとブルームバーグ・ニュースは以前に報じていた。米証券取引委員会(SEC)に提出した目論見書はまだ公表されていない。

  ロビンフッドの担当者はコメントを控えた。

関連記事

原題:Robinhood Markets Is Said to Now Target July for IPO (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE