コンテンツにスキップする

ビットコイン一時急落、当局の「身代金」回収が重し-節目も注目

更新日時
  • ブルームバーグ・ギャラクシー・クリプト指数は一時15%安
  • ビットコイン、3万ドル下回ると下げ加速の恐れ

暗号資産(仮想通貨)ビットコインは8日の取引で、約2週間ぶりの安値に下落した。米パイプライン運営のコロニアル・パイプラインがハッカーらに「身代金」として支払ったビットコインの大半を当局が取り戻したことで、政府のコントロールを受けないという安心感が揺らいだことが理由と指摘する声もある。

コロニアル・パイプラインの「身代金」、米当局が数百万ドル奪還

  ビットコインはニューヨーク時間の取引で一時9.9%安の3万1036ドルとなった後、下げを一部戻して午後2時31分(日本時間9日午前3時31分)現在は約3万2363ドル。ブルームバーグ・ギャラクシー・クリプト指数は一時15%安。イーサやライトコインなども売られた。

  NEXO(ネクソ)の共同創業者アントニ・トレンチェフ氏は「ビットコインが一息つくことはありえない。全体としては、現在経験しているのは規制上の面倒な長引く逆風で、引き続きビットコイン価格の重しとなる。仮想通貨には適切な規制が必要であり、究極的には業界にとって良いことだが、短期の投資家にとっては恐らく目をそらすのが最善策だ」と指摘した。

Bitcoin's year-to-date return is sliding below traditional assets

  米司法省が7日発表した文書によると、連邦捜査局(FBI)はハッカーらが資金移動に使ったデジタルアドレスを見つけ出し、ビットコインを回収することができたという。

  一方、テクニカルストラテジストはビットコインの節目の水準に注目している。スイスクオートのシニアアナリスト、イペック・オズカルデスカヤ氏は「主要な下値支持線は3万ドルの水準だ。そこを割り込むとストップロスの売りが出て短期的に売りが加速する恐れがある」と述べた。

  オアンダのシニア市場アナリスト、ジェフリー・ハレー氏も3万ドルを割り込むと強気派が降参する可能性があるとし、エバコアISIのリッチ・ロス氏は2万9000ドル前後の支持線を模索することになるとみている。

Bitcoin's year-to-date return is sliding below traditional assets

原題:Bitcoin Tumbles as Analysts Point to Looming Technical BreakdownBitcoin Tumbles as Analysts Point at Looming Technical BreakdownBitcoin Extends Drop to Levels Last Seen in May’s Crypto SelloffBitcoin’s Fizzling 2021 Returns Start to Lag Mainstream AssetsBitcoin Drops More Than 5% in Renewed Cryptocurrency Selloff(抜粋)

(価格を更新し情報を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE