, コンテンツにスキップする

ボーイングが空中給油機予備部品で日本に「過剰」請求-米空軍

更新日時
  • 4月の契約で一部部品は米空軍向け価格の16倍だった
  • 米空軍が先月作成したサービス評価概要で明らかになった

ボーイングが空中給油・輸送機の一部予備部品について、日本政府に「過剰」請求していたことが分かった。米空軍が先月作成したサービス評価概要で明らかになった。

  それによると、4月に同社が日本と結んだ空中給油・輸送機KCー46の予備部品供給契約では、例えば下請け業者のハネウェル・インターナショナルが製造する航空灯の日本への請求額が米空軍向け価格の約16倍だったという。

  米空軍は日本が導入するKCー46の契約を監督する。米空軍のアン・ステファネク報道官によれば、この監督の一環として米空軍は日本政府に公正かつ妥当な価格が確実に提示されるようにしなければならない。

  同概要によると、米空軍は2019年11月から今年の3月まで同契約の航空灯など部品の価格が連邦の規則に照らして公正かつ妥当であるかどうか判断するためにボーイングから価格設定に関する十分な情報を得ようと努めたが、かなわなかったという。

  同報道官は電子メールで、十分な情報が得られなかったことなどから、総額およそ1000万ドル(約10億9400万円)の同契約が公正かつ妥当だったかどうかを空軍は判断できなかったと説明した。

  

2019 Paris Air Show in Le Bourget

KC-46

  ボーイングは「誠意を持って取り組み、サプライヤーと協力して航空灯の価格データを米空軍に提供した」とするコメントを発表。その上でボーイングが入手できなかったサプライヤーのコストと価格設定データを空軍側から求められたと説明した。

  同社広報担当のカスリーン・ケリー氏は発表文で「ボーイングは誠意をさらに示すために、空軍にサプライヤーと直接交渉できるよう契約交渉から航空灯を除外することを提案したが、空軍は航空灯をボーイングを通じて調達することを決定した」と指摘。航空灯関連は契約総額の1%未満だという。

  請求額が約16倍という空軍の主張に関し、同氏は以前の予備部品契約でボーイングは空軍に「誤って過小請求」していたと説明。「その後、KCー46の予備部品契約で正しい価格を請求したため、値上げと認識される結果になった」とし、「実際には価格の修正であり、間違いは単発的で、当社の過ちだとわれわれは認めた」と述べた。

  ハネウェルの広報担当者アダム・クレス氏は電子メールを通じ、同社はコメントを控えると回答した。

原題:Boeing Charged Japan 1,500% Markup on Plane Part, Air Force Says(抜粋)

(6段落目以降にボーイングの発表文などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE