コンテンツにスキップする

ビットコイン続落-微博が仮想通貨関連アカウントの一部を停止か

  • エルサルバドル大統領、ビットコインを法定通貨にする法案を計画
  • スクエア、太陽光発電のビットコイン「マイニング」施設を建設へ

暗号資産(仮想通貨)ビットコインは5日の取引で続落。中米エルサルバドルが法定通貨として採用する計画が明らかになるなど好材料もあったが、中国での規制リスクを巡る投資家の懸念を和らげるには不十分だった。

  ビットコインはニューヨーク時間午後6時31分(日本時間6日午前7時31分)現在、1ビットコイン=3万5220ドル前後で取引されている。過去24時間で5.3%下落した。米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)の謎めいたツイート後、2日連続で下げている。

ビットコインが下落-マスク氏がハートにひび入った絵文字ツイート

  中国のソーシャルメディア「微博(ウェイボ)」は5日、違法行為やウェイボのコミュニティーの規則違反を理由に、一部の仮想通貨関連のアカウントを停止させたもようだ。どうような違法行為が行われたのかは不明。微博はこの数年間、さまざまな仮想通貨関連アカウントに対して厳しい措置を講じてきたが、中国がこのところ規制強化の姿勢を示していることで、仮想通貨の多くが下落していた。

中国が仮想通貨マイニング抑制強化、石炭需要急増で-炭鉱事故も

  エルサルバドルのブケレ大統領は、マイアミでの「ビットコイン2021」コンファレンス向けの動画メッセージで、ビットコインを法定通貨とする法案を提出する計画を明らかにした。実現すれば世界初となる。

  モバイル決済サービスなどを手掛ける米スクエアは5日、500万ドル(約5億5000万円)を投じて太陽光発電によるビットコインのマイニング(採掘)施設をブロックストリーム・マイニングの米施設内に建設する計画を発表した。

Bitcoin trades range-bound as it attempts to break above 20-dma

原題:
Bitcoin Falls as Weibo Appears to Suspend Some Crypto Accounts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE