コンテンツにスキップする

ポルトガル脱出で大慌て、ロンドンまで3時間の航空運賃が11万円に

  • 7日夜の便に需要殺到、8日到着なら10日間の自主隔離が必要
  • 当局はポルトガルを要件の緩いグリーンリストに加えたばかりだった

ポルトガルを訪れていた英国の観光客は、検疫措置が強化される8日よりも前に帰国しようと大慌てだ。おかげで航空運賃が急騰した。

  航空券価格比較サイトのスカイスキャナーによると、人気の観光地アルガルべ地方の国際空港ファロからロンドン・シティー空港まで3時間の7日夜のブリティッシュ・エアウェイズ便は運賃が711ポンド(約11万円)に高騰。翌日の8日以降に到着した乗客は10日間の自主隔離の対象となるため、同日のヒースロー空港行きなら7日の便に比べ80%安い。

  英当局は3日、帰国時に隔離義務がない「グリーンリスト」からポルトガルを除外すると決定。航空会社と観光客は不意を突かれた。昨夏と同様の混乱に見舞われた航空会社はスケジュールの再調整を急ぐとともに、またも失われた書き入れ時の収入に悲憤慷慨(こうがい)している。

  イージージェットのヨハン・ランドグレン最高経営責任者(CEO)は3日の文書で「政府は自ら決めたことを破棄し、科学を無視して人々の計画をめちゃくちゃにした」と怒りをあらわにした。

  英政府は5月17日にポルトガルをグリーンリストに加え、航空会社は急いで増便したばかりだった。

原題:
Airfares Hit $1,000 as U.K. Tourists Rush to Leave Portugal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE