コンテンツにスキップする

経産省、半導体・デジタル産業基盤強化へ国家戦略-特例措置も検討

経済産業省は4日、国家戦略として日本の半導体・デジタル産業基盤の強化を進めると発表した。外国企業との合弁なども活用しながら国内事業基盤としての定着を図ると共に、サプライチェーン(供給網)でも日本が世界に貢献できる体制構築を目指す。

  • 商務情報政策局の西川和見情報産業課長が会見を開いて説明した
  • 特例扱いの措置を講じるための制度構築を検討する
  • 半導体、データセンター、クラウドの一体的整備を図る
  • 海外の受託生産会社との合弁などで国内製造基盤を確保へ-半導体
    • 既存工場は設備投資や統合、提携などで大胆な刷新を進める-西川課長
    • 日本に定着するためには不断の発展が必要-西川氏
  • データセンター立地を促進、日本をアジアの中核拠点に
    • 年内に立地計画を作りたいと思っている-西川氏
  • ポスト5Gや再エネを支える半導体設計・技術開発を強化
  • 半導体製造装置や材料分野でも受託会社との共同開発を強化
  • 必要な予算措置も講じる予定
  • 発表資料
  • 関連記事:TSMCが日本で先端半導体の実装技術開発、旭化成やイビデンと連携
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE