コンテンツにスキップする

テスラ株が大幅安、中国での5月の受注台数ほぼ半減との報道で

  • 約9800台と、4月の1万8000台余りから減少ーインフォメーション
  • シートベルトの問題で「モデル3」と「モデルY」をリコール

3日の米株式市場で電気自動車(EV)メーカー、テスラの株価が大幅安となった。5月の中国での受注台数が前月に比べてほぼ半減したと報じられたことが材料視された。

  テスラの株価は1月下旬のピークから今月2日までに30%余り下落していたが、3日はさらに5.3%下げた。米運輸省道路交通安全局(NHTSA)が「モデル3」と「モデルY」計5500台余りとモデルY約2200台について、シートベルトに関するそれぞれ別の問題でリコール(無料の回収・修理)を公表したことも響いた。 

EV maker falls through long-term support as losing streak heads for fourth day

  テスラの5月の中国受注台数(ネットベース)は約9800台と、4月の1万8000台余りから減ったと、テクノロジー情報サイトのジ・インフォメーションが、テスラの社内データに詳しい関係者の話として報じた。

テスラの中国受注台数、5月は前月比ほぼ半減-インフォメーション

  EV業界で最も重要な市場の一つとされる中国での販売鈍化を示唆すると見受けられる報告が相次いでいる。

テスラのEV世界シェアが11%に低下、19年以降で最小-クレディS

原題:Tesla Sinks as Report Casts Further Shadow on China Sales (4)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE