コンテンツにスキップする

ゴールドマンが日本の不動産投資を倍増、2500億円規模に-関係者

ゴールドマン・サックスが、日本での不動産投資を年2500億円規模に拡大することが31日、分かった。これまでの年1000億ー1500億円から倍増する。事情に詳しい関係者が、ブルームバーグの取材に対して明らかにした。

Goldman’s Ambition to Match JPMorgan on AT&T Deal Meets Reality

ゴールドマン・サックスのロゴ

Photographer: Daniel Acker/Bloomberg

  関係者1人が匿名を条件に語ったところによると、特に新型コロナウイルス禍でも需要が伸びている物流施設やデータセンターの開発に力を入れる。ゴールドマンはグローバルで不動産部門の再編に着手しており、日本ではゴールドマン・サックス証券の自己資金投資部門と資産運用会社ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントの不動産部門を今後統合する予定。

  ゴールドマンの不動産投資拡大については、日経新聞が先に報じていた。 

関連記事:
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE