コンテンツにスキップする
Subscriber Only
Hyperdrive

テスラ車に懸念強める中国、一部公務員に購入規制-関係者

From
  • 中国気象局は職員にテスラ車を購入しないよう指示
  • 共産党の宣伝部は職員やその家族がテスラ車所有しているか調査

中国で電気自動車(EV)メーカーの米テスラに対する風当たりが一段と強まっている。一部の地方政府などがテスラ車に国家安全に絡むリスクがあるとの懸念から職員の所有状況について調査を始めた。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  浙江省と広西チワン族自治区の当局は、テスラ車を購入した職員に関する調査と報告を政府機関に要請、もしくは重要機関の職員がテスラ車を特定の公的管理区域で運転することを禁じた。詳細は非公開だとして関係者が匿名を条件に語った。

中国サイバースペース管理局、自動車メーカーのデータ収集規定強化へ

  中国気象局は職員にテスラ車を購入しないよう指示し、すでに購入済みの場合は所有権を別に移すよう求めたと1人の関係者が述べた。中国共産党中央宣伝部は職員やその家族がテスラ車を所有しているかどうかを調べている。国家安全を脅かす恐れがあるとの懸念からだと関係者は説明した。

  テスラはコメントを控えた。浙江省と広西チワン族自治区の担当者と共産党の宣伝部はすぐにはコメント要請に応じなかった。気象局に2回電話したが応答はなかった。

関連記事

原題:Some Chinese State Bodies Reviewing Tesla Ownership Among Staff(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE