コンテンツにスキップする

米連邦準備制度のテーパリング議論はインフレ期待上昇への先制攻撃

  • 想定以上のインフレでテーパリング議論前倒しも-6月開始か
  • インフレ期待の高まり防ぐためリスク管理必要な可能性-マイヤー氏

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

インフレの指標が米連邦準備制度当局者らの想定よりも高くなっているため、債券購入を縮小する「テーパリング」の議論を当局が開始する時期が早まる可能性がある。

  米連邦準備制度理事会(FRB)のクオールズ、クラリダ両副議長は先週、政策立案者が「今後数回の会合」でこの議論を始めることができると言明した。米連邦公開市場委員会(FOMC)の4月会合の議事要旨と同内容だが、2人の副議長からの発言は重みがある。

  クラリダ副議長は、4月の物価統計は「好ましくない驚き」をもたらしたと述べた。金融当局が重視する個人消費支出(PCE)の総合価格指数は4月に前年同期比3.6%上昇と、2008年以来の上昇率だった。

The Fed's preferred measure of prices climbed the most since 2008

  サンフランシスコ連銀のデイリー総裁は25日にCNBCとのインタビューで、「テーパリングの議論をすることについて議論している」と述べている。

  新型コロナウイルス禍後の経済成長加速による物価上昇圧力は連邦準備制度の当局者の警戒を呼び起こした。当局者らはインフレは「一時的」と主張しながらも、サプライサイドの反応の遅さによりインフレ指標が数四半期にわたり高水準を維持し、消費者心理に影を落とし始める可能性を認識しつつある。

  元FRB理事のローレンス・マイヤー氏は、「今年のインフレ率は、主に一時要因により2.5%以上で推移するだろう。しかし来年も2%を上回る可能性は十分にある」との見方を示した。早ければ12月にもテーパリングが始まると予想する同氏は、「インフレ期待が少しずつ高まるのを避けるためにリスク管理が必要かもしれない。インフレ期待を元に戻すのは容易ではないからだ」と述べた。

  わずか1カ月前にはパウエルFRB議長が労働市場の余剰を理由にインフレ期待の持続的上昇に懐疑的だったことを考えると、テーパリングに関する当局者発言は驚くほど変化した。

  元FRBシニアエコノミストで現在はエール大学経営大学院教授のウィリアム・イングリッシュ氏は、「当局者が恐れるのは、これがインフレ期待に組み込まれることだ」と述べた。「不確実性が非常に高い。現在のような状況は過去に例がないため、歴史に基づいて将来を予測するモデルはあまり役に立たない」と指摘した。

  インフレへの恐怖から当局者が急激に刺激策を引き揚げて景気回復を遅らせる恐れもあり、リスクは双方向だと付け加えた。

  マイヤー氏は、テーパリングのタイミングについての「真剣な議論」があるだろうとみている。「新しい枠組みの中では先制的に利上げすることはできないが、先制的にテーパリングすることはできる」と指摘した。当局は昨年、平均で2%のインフレ率を目指す新枠組みに移行した。

U.S. worker pay in private industry accelerating as economy reopens more broadly
Market-implied U.S. inflation expectations dropped by most since 2020 last week

原題:
Fed’s Taper Talk Is Pre-Emptive Strike Against Inflation Fears(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE