コンテンツにスキップする

中国のJDロジスティクス株、一時18%高-香港に上場

  • 3500億円規模のIPO実施-JDドットコムの物流部門
  • IPOでの最大320億米ドルとのJDL評価額は妥当-BI

香港市場に28日上場したJDロジスティクス(JDL、京東物流)の株価が大きく上げている。同社は香港では今年2番目の規模となる32億米ドル(約3500億円)相当の新規株式公開(IPO)を行った。

  中国の電子商取引大手JDドットコム(京東)の物流部門であるJDLの株価は一時18%高の47.75香港ドルを付けた。27日のグレーマーケットでは一時29%上昇した。

  2007年創業のJDLは上場に伴う資金調達で、900カ所を超える倉庫のネットワークを中国国内の発展の遅れた地域や国外の新たな市場に拡大することが可能になる。同社はまた2018-20年にテクノロジー絡みで7億8200万米ドルを投入。まだ赤字で、昨年の純損失は41億元(約707億円)だった。

  ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)のジェームズ・テオ、クリス・マッケンスターム両アナリストは「21年も赤字となる可能性はあるものの、成長加速期待を踏まえるとIPOでの最大320億米ドルとのJDL評価額は競合他社と比べると妥当と考えられる。短・中期的に事業・市場シェア拡大を優先する間は利益の変動が生じると見込まれる」と指摘した。

原題:JD Logistics Gains on Debut After $3.2 Billion Hong Kong IPO(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE