コンテンツにスキップする

イエレン米財務長官、高いインフレ「年末まで続く」-依然一時的

更新日時
  • 米政権の大規模な支出計画がインフレに大きく寄与するとの見方否定
  • 最低水準にある金利はいずれ上昇すると市場は予想、予算案に反映へ

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

イエレン米財務長官は高水準のインフレ率が今年末まで続く公算が大きいとしつつ、依然として一時的な現象との見方を維持していると語った。

  イエレン氏は27日、米下院歳出小委員会のバーチャル公聴会で議員からの質問に対し、「最近のインフレは一時的であり、定着するようなものではないというのが現時点での私の判断だ」と回答。「しかしながら、この状態はもう数カ月間は続き、今年末までインフレ率は高止まりするとみている」と述べた。

  4月の米消費者物価指数(CPI)は前年同月比4.2%上昇し、2008年以来の大幅な伸びとなった。イエレン氏は新型コロナウイルス禍に関連した個人支出の変化や、サプライチェーンの障害が物価の変動を引き起こしたと指摘。インフラやその他のプロジェクトなど、バイデン政権の大規模な支出計画がインフレに大きく寄与するとの見方は否定した。 

  イエレン氏は「長期的にインフレ率をコントロールするという中心的な責任」が米金融当局にはあると述べた。一方で市場関係者の間では景気回復に伴い最低水準にある金利がいずれ上昇するとの見方が大勢で、そうした予想は米政権が28日発表する予算案に反映される見通しだ。

原題:Yellen Gets Specific on Inflation, Saying Will Last Through 2021
(抜粋)

(最終段落に発言を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE