コンテンツにスキップする

GM、半導体不足で操業停止していた5工場で生産再開へ-株価上昇

米自動車メーカー最大手ゼネラル・モーターズ(GM)は、半導体不足によりここ数カ月操業を停止していた5工場について、生産を再開すると発表した。

  27日の発表によれば、GMはメキシコの2工場、米国とカナダ、韓国のそれぞれ1工場の操業を再開する。カナダの工場とメキシコの1工場では小型SUV(スポーツタイプ多目的車)の「GMCテレイン」と「シボレー・エクイノックス」を生産しており、再開の意義は大きい。これら2車種は自家用車として人気が高いほか、レンタカー会社による購入も多い。

  発表を受け、米市場でGM株は上昇。ニューヨーク時間午前9時44分現在、3.6%高となっている。

原題:GM Jumps as It Sets 5 Plants to Reopen After Chip Shutdowns (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE