コンテンツにスキップする

米大統領、コロナ起源解明を情報機関に指示-90日以内に報告を

更新日時
  • 情報コミュニティー内で動物由来説と研究所からの流出説に二分
  • 初期コロナ感染例の全てに関する「全面検証」支持-在米中国大使館

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

バイデン米大統領は米情報機関に対し、新型コロナウイルスの起源を突き止める取り組みを強化し、90日以内に新たな報告を提出するよう指示した。

  バイデン大統領は26日の声明で、今月受け取った報告は情報コミュニティー内で新型コロナの起源に関する見解が二分していることを示したと指摘。動物由来説に傾倒する向きと、研究所から流出したと考える向きに分かれており、「いずれも確信の度合いは低いか、中程度だ」と説明した。

  バイデン氏は3月、ウイルス起源に関する報告をサリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)に指示していた。

  大統領は「米国はまた、完全で透明かつ証拠に基づく国際的調査に参加し、関連するデータ・証拠の全てにアクセスを提供するよう中国に圧力をかけるため、志を同じくする世界のパートナーと協力していく」とした。

  一方、在米中国大使館はウェブサイトに掲載した報道官談話で、世界で見つかった初期のコロナ感染例の全てに関する「全面検証」を支持すると表明。調査は完全かつ透明で、事実に基づく必要があると指摘した上で、「幾つかの秘密基地や生物学研究所」も含めるべきだと詳しい説明をせずに主張した。

原題:Biden Orders New Report on Virus Origin From U.S. Spies (1)、China Says Virus Origin Probe Must Be Global, Transparent(抜粋)

(最終段落を追加し更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE