コンテンツにスキップする

ビットコイン、再び4万ドル台回復-ツイートが招く乱高下に不信感も

更新日時
  • 26日の欧州時間早朝にかけて4万ドル台を再び回復した
  • 25日のNY時間は一時6.5%下げ、3万6494ドルの安値を付けていた

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

暗号資産(仮想通貨)ビットコインは、26日の欧州時間早朝にかけて4万ドル台を再び回復した。ニューヨーク時間25日の取引では、一時3万7000ドルを割り込んでいた。

  ビットコインはニューヨーク時間25日の取引で一時6.5%下げ、3万6494ドルの安値を付けていた。アジア時間帯に入ると反転し、ロンドン時間午前7時35分(日本時間午後3時35分)時点では、7.6%高の4万501ドルまで戻した。

  ニューヨーク時間帯に下げていたブルームバーグ・ギャラクシー・クリプト指数は12%高。イーサなど他の暗号資産の価格も上昇に転じた。

  米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が、環境への配慮を巡りビットコインの信頼性を高める発信をツイッターで行った24日は、パーセント表示で2桁台の大幅高となる場面もあり、相場の乱高下が続いている。

Largest token has begun climbing again after selloff

  主要な暗号資産は過去1年で見ると、ビットコインが358%、イーサが1300%余り、ドージコインが約1万4000%となお極めて高い上昇率を維持している。

  マスク氏は25日、「ドージコインには正式な組織がなく、私の指示を仰ぐ人もおらず、私が行動する能力が限られるという点をご理解いただきたい」とツイートした。コインマーケットキャップ・ドット・コムのデータによれば、ドージコインはニューヨーク時間25日午後4時33分(日本時間26日午前5時33分)時点で4.1%安で取引された。

  ミラー・タバクのチーフ市場ストラテジスト、マット・メイリー氏は「イーロン・マスク氏のツイートに基づく相場の乱高下が今後も続けば、この資産クラスにとって大きなつまずきとなるだろう。1人のツイートがこれほど荒っぽい値動きを招くという事実は、資産クラスとしての信認を損なう」と指摘した。

Bitcoin drifted on Tuesday after another bout of marked volatility

原題:Bitcoin Pushes Past $40,000 as Cryptos Bounce Back From SelloffBitcoin Resumes Slide as Energy Usage Debate Whipsaws Investors(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE