コンテンツにスキップする
Subscriber Only

ブレイナードFRB理事、長期的なインフレ期待は非常に安定している

Lael Brainard
Lael Brainard Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

米連邦準備制度理事会(FRB)のブレイナード理事は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)からの米経済再開に伴い、インフレの高進が予想されると指摘。ただ、持続的なオーバーシュートにつながるリスクは低いとの考えを示した。

  ブレイナード氏は中央銀行のデジタル通貨に関する講演後、質疑に応答。「インフレ動向の非常に重要な部分は長期的なインフレ期待で、こうした期待は極めて安定した状況が続いている。インフレが上昇するような展開になっても、現状のインフレ率に深く影響を及ぼすことは想定されないと示唆している」と発言した。

  「もちろんこうした長期的なインフレ期待に一定の影響を及ぼす恐れもある形で、インフレが持続的かつ大幅に当局目標を上回って動く場合、われわれにはインフレを目標に戻るよう緩やかに誘導する手段と経験がある。そうした行動をとるというわれわれの決意を誰も疑うべきではない」と述べた。

  その上で、「今後数カ月に一段と上昇することが予想されるが、こうした経済再開やボトルネックに関連した物価圧力は弱まると私は見込んでいる」と話した。

原題:
Brainard: Long-Term Inflation Expectations Very Well Anchored(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE