コンテンツにスキップする

アルケゴス問題巡り英当局が調査開始、クレディSや野村に情報要請

英当局は米ファミリーオフィスのアルケゴス・キャピタル・マネジメントに対する銀行のエクスポージャー拡大が100億ドル(約1兆900億円)を超える損失につながった問題を巡り、国際的に答えを求める動きを進めている。

  英健全性規制機構(PRA)が調査を開始し、クレディ・スイス・グループUBSグループ野村ホールディングスなどに対し、来月までにアルケゴスへの融資に関する情報を提出するよう要請した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  PRAの報道官およびUBS、クレディ・スイス、野村などの銀行の広報担当者はコメントを控えた。

原題:
Archegos Fiasco Spurs Regulators to Demand Banks’ Answers Soon(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE