コンテンツにスキップする

ビットコイン、荒い値動き-中国が仮想通貨取り締まり改めて表明

更新日時
  • ビットコインは一時10%下げた後値を戻す、週間の下落率は約24%に
  • 中国、国務院金融安定発展委員会会合後に仮想通貨に再び警告

中国当局は金融リスクを制御する取り組みの一環として、仮想通貨の採掘(マイニング)と取引を取り締まる意向だと改めて表明した。これを受け、21日の取引でビットコインは荒い値動きとなった。

  ビットコインは21日に10%安の3万3550ドルを付けた後、一時は3万7620ドルまで値を戻した。中国は21日遅く、国務院金融安定発展委員会の会合後にこの方針を発表した。

  仮想通貨は今週既に、強制売却や米国の徴税強化見通しで動揺していた。ビットコインは19日に一時、3万ドルに近づいた。週間の下落率は約24%に達している。

Bitcoin declines Friday after China reiterates crypto mining crackdown

原題:Bitcoin Ends Week in Volatile Flux With China Rattling Bulls(抜粋)

(相場を更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE