コンテンツにスキップする

バイデン米大統領、EV計画推進を強調-中国との対決姿勢鮮明に

更新日時
  • フォードが主力車種のEVを生産する新工場を視察
  • 「中国がこの競争で勝利することはない」とバイデン氏

バイデン米大統領は18日、ミシガン州にあるフォード・モーターの新工場を視察した際の演説で、電気自動車(EV)向けの1740億ドル(約19兆円)規模の提案について重要性を強調した。ただ自動車業界では、世界的な半導体不足が生産の足かせになっている。

  同社主力ピックアップトラックのEVモデル「F-150ライトニング」を発表より一足早く披露されたバイデン大統領は「自動車業界の未来は電気だ。逆戻りはない」と語り、世界のEV市場をリードするため中国と対決していく姿勢を鮮明にした。

  バイデン大統領は、米国がEV市場規模と電池生産の両方で中国に出遅れていると認めながらも、「中国がこの競争で勝利することはない」と強調。「中国には勝たせない。われわれは迅速に動かなければならず、あなた方がここでやっていることがそれに当たる」と述べた。  

A Car Dealership As Auto Recovery Looks To Be Underway

フォードの主力ピックアップトラック「F-150」

  バイデン氏のインフラ計画には施設の更新や再開に向けた助成金のほか、クリーンエネルギー車両の国内生産向け低利融資、充電ステーション50万カ所設置に向けた資金拠出、EVを購入した消費者へのリベートなどが盛り込まれている。

  一方、バイデン政権は半導体について、自動車メーカー向けの供給不足が数カ月続く可能性が高いと受け止め、米国への生産移管をさらに進める意向を表明している。レモンド商務長官はフォードを含め半導体不足の影響を受けている企業と20日に会合を開く。

バイデン政権、半導体不足対応強化-商務長官が関連企業と20日に協議

  バイデン氏は半導体の研究開発(R&D)向けとして500億ドルの拠出をインフラ計画に盛り込んでいる。

原題:
Biden Pushes EV Plans With a Sneak Peek at Battery-Powered F-150(抜粋)

(4段落目以降に背景などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE