, コンテンツにスキップする

ECBビルロワドガロー氏、インフレリスクない、緩和的政策維持へ

欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバー、ビルロワドガロー・フランス中銀総裁は、経済成長見通しは改善しているが、現時点でユーロ圏のインフレが持続的に回復するリスクはないとの考えを示した。

  同総裁は18日のオンライン会議で、「今日のユーロ圏に持続的なインフレが復活するリスクはないため、ECBの金融政策が長期にわたり非常に緩和的であり続けることは確実だ。これを明言しておく」と述べた。

  米国の景気循環はより進んでいるが、供給の制約は一時的なものだろうとも話した。

原題:
ECB’s Villeroy: No Inflation Risk, Monetary Policy to Stay Loose(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE