, コンテンツにスキップする

マスク氏のマッチポンプ、ビットコイン敬遠し始めたウォール街

  • ツイート起因のボラティリティー、金の代理資産になり得るのか
  • ビットコイン、1週間で価値4分の1消失-ツイートに振り回される

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

ウォール街の仮想通貨受け入れに貢献したイーロン・マスク氏は、今ではそのツイートでウォール街を怖がらせてしまっている。

  ビットコインがこの1週間で4分の1ほどの価値を失ったのは、環境への悪影響からドージコインとの比較に至るまで、マスク氏のツイートが困惑をもたらしたことが一因だ。現在の価格は、同氏が率いるテスラがビットコイン投資の意向を表明した2月当時の水準に戻った。

  暗号資産に関するマスク氏の発言は常に、冗談なのか本気なのか不明瞭だが、今回のツイートは業界中に困惑を広げ、仮想通貨を投資先として真剣に受け止めてよいのかという議論が再燃した。

  これほどボラティリティー(変動性)が高いビットコインは、インフレヘッジや金の代替投資先になり得るのか。世界で2番目の富豪は単にツイッターでジョークを連発しているだけではないだろうか。

ビットコイン下げ止まる、テスラは売っていないとマスク氏がツイート

  1245億スイスフラン(約15兆500億円)の資産を運用するGAMホールディングでも、こうした疑問は広がっており、ビットコインの予想不可能な値動きは大きな弱点として警戒されている。

  マルチアセット・ソリューション担当責任者のジュリアン・ハワード氏は、「ボラティリティーがあまりにも高く、実際のところクライアントは投資目標を見定めることが不可能になっている」と説明。「ファンダメンタルズというより、ツイートに動かされることが多い」とぼやいた。

Bitcoin has tumbled as Musk continues to tweet about it

ビットコインの価格推移

出所:ブルームバーグ

ビットコインは2月以来の安値に下げた後、マスク氏のツイートを受けて小反発。同氏はビットコインを売っていないと釈明した。

Source: Bloomberg)

原題:Elon Musk Is Now Blowing Up the Wall Street Case for Bitcoin(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE